小川メディカルクリニック 小川メディカルクリニック
小川メディカルクリニック

診療の案内

消化器科
内科
外科
肛門科
禁煙外来
在宅診療
自由診療
漢方治療


■消化器科

小川メディカルクリニック

現在、日本において胃癌、大腸癌とも罹患率、死亡率は相変わらず上位を占めています。言うまでもなく消化管疾患は早期発見が最も重要です。早期に発見できれば内視鏡下手術を施行でき、開腹手術を受けなくても済む可能性が広がります。当然の事ながら治癒する可能性も高くなります。最近では、内視鏡検査は簡単にできる検査の一つと言えます。症状の有無に拘わらず年1回の検査を是非受けて頂きたいものです。 当院では、消化器疾患全般に診断、検査から治療(内視鏡下手術を含め)まで行っています。また超音波(エコー)を使用し肝臓、胆のう、膵臓、脾臓、腎臓、子宮、卵巣、前立腺、甲状腺等の検査も行っています。 胃内視鏡検査にてヘリコバクターピロリ菌の検査が可能です。採血や便検査でも調べる事ができます。医師にご相談下さい 。

内視鏡について

小川メディカルクリニック

以前は胃カメラ等と呼ばれていた時代もありましたが最近では、ほとんどが電子スコープとなっております。消化管の早期の微細な病変を見逃さない為には技術・経験はもちろんですが、スコープの解像度も重要な要素です。当院では最新の内視鏡であるOLYMPUS社製のEVIS ELITE CV-290を導入し検査を行っております。また、苦痛のない検査を心掛けております。テクニック的には咽頭麻酔のみでも検査は可能と思っていますが、咽頭反射が強い方がいらっしゃるのもまた事実です。このような場合及び御希望のある場合にはセデーション(簡単な麻酔)下に検査をする事も可能です。もちろん、安全のため検査中は血圧、心電図、酸素飽和度等のモニタリングを全例で行っておりますので安心して検査を受けて頂く事ができます。最近、経鼻内視鏡が話題となっていますが、これまでのものはその解像度が通常の内視鏡に比べやや劣っている状態でした。しかし、検査中に医師と患者さんがコミュニケーションをとる事ができ、鼻から極細の電子内視鏡を挿入するため安全で苦痛が少なく、大変楽に内視鏡検査を受ける事ができる様になります。患者・医師双方にとってメリットの大きい検査法です。平成18年12月に通常の内視鏡とほぼ同じレベルの経鼻内視鏡が発売され、当院でも早速導入致しました。ご希望の場合は担当医に御相談下さい。胃内視鏡検査は検査前日の夕食を20時までに終わらせ、当日の朝食を抜いて来院していただきます。至急で検査を受けたい方は、必ず前日に電話で検査可能かどうか確認して来院して下さい。 大腸内視鏡検査におきましても、熟練した技術と最先端の電子スコープにて、より楽に検査を受けて頂けます。


■内科

日常生活が便利になり、ライフスタイルの変化も重なり、多くの方々が運動不足、栄養摂取過剰状態となっていると予想されます。肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化性疾患等のいわゆる生活習慣病が増加しております。生活習慣病はあまり自覚症状がない事が多く、健診等で指摘されても放置されている場合があります。これらの疾患が1個人に複数集まった状態をメタボリックシンドロームと呼び、粥状動脈硬化を極めて発症しやすいハイリスク群と考えられています。メタボリックシンドロームや生活習慣病は薬物治療も重要ですが基本は生活療法と考えられています。つまり運動療法、食事療法、禁煙が治療の柱となります。当院ではこれらの疾患に対し患者様と共に考え、より良い治療を行なっていきたいと思っています。


■外科

外来で可能な外科的処置及び手術を行なっております。陥入爪や皮膚、皮下腫瘍、良性の乳腺腫瘤摘出、下肢静脈瘤に対する高位結紮及び硬化療法等、日本外科学会専門医として責任を持って手術を施行しております。消化管及び乳腺、甲状腺疾患の術後経過観察等も行なっております。


■肛門科

肛門疾患は大きく分けて内・外痔核、裂肛、痔瘻の3つに分けられます。内・外痔核は保存的治療を原則としております。出血が止まらない場合や手術が必要な場合でも痛みの少ない手技を提供する事が可能です。また、自由診療となりますが内視鏡を使用した痔核結紮術も可能です。痛みはほとんどありません。裂肛も保存的治療を原則としております。肛門狭窄等の合併症が認められる場合は手術が必要となる事があります。痔瘻は肛門周囲膿瘍となっている場合はドレナージをまず行ないます。その後の根治手術に関しては入院が必要となる為、専門病院にご紹介しております。


■禁煙外来

喫煙は百害あって一利なしといわれている様に、体に良くない事は誰でもご存じの事と思いますが、禁煙しようと思ってもできない方が多いのではないでしょうか?禁煙は不可能と本気で思い込んでいる人も見受けられます。これは喫煙が嗜好によるものと考えられている事も一因と思われます。最近では喫煙はニコチン依存症という病気であると考えられる様になってきています。病気ならば治療しなくてはなりません!また、喫煙する事で家族や周囲の人に受動喫煙という害を与えている事も考えてみて下さい。さらに喫煙に関係する疾患の例として肺癌、喉頭癌、食道癌、狭心症、心筋梗塞、肺気腫、脳卒中、喘息、慢性気管支炎等があげられます。日頃の生活習慣を見直して御自分の健康をコントロールする為に禁煙は大変有効な手段です。幸いにも2006年4月から禁煙治療が保険適応になり、6月からニコチンパッチも保険が使える様になりました。ただし保険の場合3か月で禁煙を成功させなければなりません。喫煙者のみなさん禁煙にトライしてみてはいかかですか。微力ながらお手伝いさせて頂きたいと思います。


■在宅診療

最近、体の状態が悪くなった場合、入院でなく自宅で療養したいとお考えの方が増えております。特に重傷の病気を抱えている場合はご本人だけでなく、ご家族の方も自宅で介護したいと思われるケースも見受けられます。人生の最後の部分を住み慣れた自宅で過ごしたいと思うのは自然な事だと思います。当クリニックでは在宅での治療を希望される方々が在宅を選んで良かったと思える様な医療を提供していきたいと思っております。

 


■自由診療


初診料 ¥3,240
再診料 ¥1,620

ED外来 バイアグラ・レビトラの処方を致します。初心の方は検査等が必要となります。
バイアグラ・レビトラ1錠
¥2,160
AGA外来 プロペシア 28錠(1ヵ月分) ¥9,720

内視鏡下痔核結紮術 ¥32,400

各種ワクチン
麻疹 ¥6,480
風疹 ¥6,480
日本脳炎 ¥4,320
おたふく風邪 ¥6,480
水痘 ¥7,560
破傷風トキソイド ¥3,240
肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス) ¥8,640
インフルエンザ ¥4,320
ツベルクリン反応(48時間後判定) ¥5,400

人間ミニドック
■基本検査項目

・ 問診 ・診察 ・身体測定 ・視力測定 ・胸部X線 ・血圧測定
・ 血液検査 ・便潜血検査(2日法) ・尿検査  ・腹部エコー 
・ 安静時心電図12誘導 ・聴力検査(オージオメーターによる測定)
・ 胃、大腸内視鏡検査(事前に予約が必要です。)

■オプション

・ アレルギー検査 ・血液型 ・喀痰細胞診 ・骨粗しょう症検査
・ 腫瘍マーカー各種

検査等の組合わせにより価格が変わりますので、窓口で確認して下さい。
検査結果については分かりやすく、丁寧な説明を行なっています。


■漢方治療

当院では漢方治療も取り入れて診療しております。更年期障害や便秘、肝疾患、花粉症、肥満、術後の体力低下、食欲不振、低血圧等、漢方治療が効果的な場合もあります。ご気軽にご相談下さい。

 

■診療時間

 
AM 9:00〜1:00 x AM 9:00〜PM 2:00
PM 3:00〜7:00 x
休診日:木曜・日曜・祝日

所在地

〒224-0007 神奈川県横浜市都筑区荏田南3-37-15 横浜青葉クリニックセンター2F

TEL. 045-943-6566  Fax. 045-943-6568